NTTのフレッツ光が登場してから10年以上経ちました。

国内どこでも光回線が使えるようになっているのは日本と韓国ぐらいだと言われています。

フレッツ光は登場してからBフレッツ→光ネクスト→ギガ光と3回モデルチェンジしています。

 

そして2015年に「光コラボレーションモデル」(光コラボ)が発表されました。

 

既存のNTT光回線を流用した、ドコモ光やソフトバンク光などに代表されるサービスを総称して「光コラボ」と呼びます。

(auひかりやNURO光は光コラボではありません。)

 

今使っている光はそのままで、料金を一本化すれば便利だよね。っていう理屈です。

しかもスマホ料金も割引してくれまて、乗り換えも簡単とのこと。

「光コラボは工事不要です。モデムもそのままなので面倒くさいことは一切ありませんよ。」

と、甘い言葉もよく聞きます。

 

NTTフレッツ光からドコモ光などの光コラボに乗り換えることを「転用」と言います。

すでに光コラボをご利用されている方は転用番号を取得した記憶があると思います。

(auひかりやNURO光にする場合は、転用ではなく「乗り換え」になります。)

 

でも、フレッツ光から他社への転用って本当に大丈夫なんでしょうか?

 

転用するにしても、どれにしたらいいか分からないのが正直なところだと思います。

今回はそんな悩みを少しでも解消すべく、フレッツ光の転用について探っていきたいと思います!

・転用できる光コラボの種類多すぎ問題

まず、フレッツ光からの転用や乗り換えできる光回線って正直、種類が多すぎます。

有名な光コラボと言えば、

 

1.ドコモ光

2.ソフトバンク光

3.So-net光

4.Biglobe光

 

ですが、他にもOCN光・nifty光・ぷらら光などなど数を上げるとキリがありません。

料金で選ぶとか言っても、全部の料金見てる暇なんかないわと。

店員さんに言われるがまま契約する方がほとんどだと思います。

どれにしたらいいか、わからないや。

・転用する光コラボの選び方

フレッツ光を転用する最大のメリットはスマホ料金の割引です。

持っているスマホのキャリアに合わせるのが基本です。

スマホとのセット割引ができる代表的な光コラボは、

 

Docomoユーザーなら、ドコモ光。

SoftBankユーザーならソフトバンク光。

auユーザーならSo-net光・Biglobe光。

 

たしかに光コラボは料金請求も一本化できるし、スマホの料金割引もされて良いことづくしです。

でも、ちょっと待ってください。大手キャリアがそう簡単に割引するはずがありません。

 

こんなに料金を安くする携帯会社の本当の狙いはなんでしょうか?

・光コラボに隠された罠

光回線とスマホをセットにする理由は簡単です。

 

「他社に乗り換えづらくなる」

 

光コラボはスマホとのセット割引が最大の魅力です。

家族全員で同じ携帯会社にまとめると割引も多くなります。

そうなると簡単には他社に乗り換えようとはなりません。

家族みんなの機種変更の時期がバラバラだったりすると解約金などの問題もあり、乗り換えが厄介になります。

さらに、大手の携帯キャリアでは長年使っているユーザーを優遇をして乗り換えを防いでいます。

そこに光回線のセットが加われば簡単には動きません。

 

面倒くさいなら今のままでいいやってなりますよね。

これで簡単に他社へは乗り換えないだろう。

 

まぁでも安くなるんだったら、まとめた方がオトクですよね。

無理してフレッツ光を使い続ける理由がありません。

 

でも、本当の恐怖はここからですよ。。。

・自宅の電話番号が人質に

フレッツ光から転用した数年後に、スマホを他社に乗り換えようとする場合の話です。

もちろん光回線も、乗り換え先の光にした方がオトクです。

しかし、光コラボから他社の光コラボへの乗り換えには面倒くさいことに工事が発生します。

例えばドコモ光からauひかりに乗り換えるといった場合です。

 

最悪の場合、自宅の電話番号が消滅します。

 

固定電話をお持ちの世帯では光回線を乗り換える場合、ひかり電話をアナログ電話に戻す必要があります。(通称:アナログ戻し)

この「アナログ戻し」をしないと電話番号が消えてしまいます。

アナログ戻しが出来る条件は「NTTの電話加入権をもっていること」です。昔からの電話番号を使っている世帯では電話加入権は持っていると思います。

 

新築した戸建てや引っ越し先で、光回線加入と同時に新しく電話番号を取得した場合は電話加入権はありません。

NTTの電話加入権がない世帯ではアナログ戻しができないので、光を乗り換えると電話番号が変わります。。

 

これじゃ乗り換えできないよ~。

特に自宅で開業しているケースなどでは電話番号が変わるのは致命的です。

 

まさに「電話番号を人質に取られた」状態です。これでは乗り換えできません。

こういった理由で光を乗り換える世帯は減っていきます。

だからスマホと光コラボのセット割りをしても全然余裕なんですね。

割引しても儲かるぜ。

・キャッシュバックの裏側

携帯キャリア各社では「解約金・違約金すべて負担します!」「~万円キャッシュバック!」などの宣伝文句でユーザーの取り合いをしています。

 

例えば、家電量販店でこんなセールストーク聞かないですか?

「今のスマホ代高いですよね?光と一緒にスマホも乗り換えると月々の料金が安くなって年間~万円も節約できるんですよ~。もちろん解約金も全部負担します!」「あ、ついでに今回購入予定の家電商品も安く買えますよ。」

 

なんて言われたら思わず、この機会に乗り換えよっかなーってなりますよね。

ちなみに先程の面倒くさい手続きは契約の最後のほうに聞かされます。。。

 

光コラボは自分の懐に入れてしまえばユーザーが離れにくいシステムです。

高額キャッシュバックをしてでも顧客を確保したいわけですね。

・まとめ

さて、なにかと落とし穴がありそうな光コラボですがフレッツ光からの転用はよく考えてからした方が良さそうです。

携帯キャリアを乗り換える予定があったり、格安SIMを検討している場合は要注意ですね。

特に格安SIMに興味がある方は多いと思います。

光と格安SIMを組み合わせることで今まで以上に料金の節約が可能になっています。

各社、一長一短な部分はありますが格安SIMについても今後紹介していきますのでお楽しみに!

 

次の記事では、光回線ジャンルで謎の多い「インターネット速度」について一歩踏み込んで行こうと思います。

 

長くなるので理由は明かしませんが、先におすすめインターネット回線ランキングを発表しておきますね。

1位:NURO光
2位:auひかり
3位:ソフトバンク光
4位:ドコモ光
5位:ソフトバンクエアー
6位:UQWiMAX

ランキングが気になる方は次の記事でお会いしましょう!

※関連記事:世界最速!?NURO光が爆速すぎて失神レベル

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう!

おすすめの記事