評判の良い「auひかり」ですが、なかには遅いと言った声も聞こえます。

auひかりは光コラボレーションモデルではありません。

auひかりはダークファイバーを使っているので速いと記載されているサイトがほとんどです。

 

しかし、

auひかりはダークファイバーを利用していない地域のほうが圧倒的に多いです。

 

もともとauひかりは、首都圏や線路沿いの電波障害エリアで提供している小さな光回線サービスでした。

なぜ、いきなりauひかりは全国展開できたのか?

 

ヒントは「2012年」です。

そこには誰も語ろうとしない秘密があります。

 

今回は、「auひかりが遅い最大の理由」です。

なかなか情報が出てこずに何回もパソコンを閉じましたが、総務省関連の記事や関係者への聞き込みもして調べてみました。

 

今回は、かなりマニアックな内容です。

それでは、auひかりが遅くなる理由を探っていきましょう!

auひかりが遅い最大の理由

自社線エリアとシェアドアクセスエリア

いきなり専門用語ですみません。

auひかりの速度には自社線エリアとシェアドアクセスエリアの2つが大きく係わっています。

 

auひかりには、

ダークファイバーを用いているKDDIの自社線エリアと、

NTTの光ファイバーを流用しているシェアドアクセスエリアが存在します。

 

・自社線エリアはインターネットが混雑しにくく、速度に期待が持てます。

・シェアドアクセスエリアはユーザーが多いため混雑しやすく、速度が遅くなりがちです。

 

判断基準としては、

 

auひかり10ギガのサービスの提供されているエリアは自社線エリアです。

2012年頃から急速に拡大されたエリアは、ほぼシェアドアクセスエリアです。

 

KDDIの提供するauひかりは、ダークファイバーを使わないと10ギガのサービスを提供できません。

 

ダークファイバーについてはコチラの記事をご覧ください↓

※世界最速!?NURO光が爆速すぎて失神レベル

 

これからauひかりホーム10ギガが提供される予定のないエリアは、ほぼシェアドアクセスエリアとなります。

auひかりの自社線とは?

自社線エリアではNTTのフレッツ光を流用していないので、高速通信が可能です。

 

KDDIが提供するauひかりの自社線エリアには、東京電力と電力系通信事業者であるパワードコムが大きく係わっています。

 

2005年10月、KDDI、東京電力、パワードコムの3社が通信事業の統合化を行う発表を行い東京電力は光ファイバー網をそのままに光ファイバー通信事業をKDDIに譲渡することで通信事業から撤退しKDDIは関東地方において東京電力が持つ光ファイバー網を借用するというものであった[11]。

大手3社が統合し、KDDIが東京電力の光ファイバー網を使えるようになったんですね。
実際、KDDIの自社線を利用するauひかりホーム10ギガのエリアは、
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部です。
ということは、首都圏や都市部以外はシェアドアクセスエリアの可能性が高いです。
auひかりは全国的に「自社線以外のエリアの方がはるかに多い」ということになります。

auひかりのシェアドアクセス方式とは?

シェアドアクセスとは、1本の光ファイバーを多数の利用者でシェアする方法です。

 

KDDIがauひかりを全国展開するには、NTTの光回線が必要でした。

しかし、NTTは「1本の光ファイバーだけ貸すのはダメ。8本セットでしか貸さない」と言って譲りません。

それに対して、KDDIとソフトバンクは「そんなのNTTの独占市場じゃないか!」と怒っていました。

 

KDDIとソフトバンクは長年NTTと光ファイバーの貸し出し問題で対立していましたが、

2011年にKDDIが急に方向転換します。

今回、KDDIが、従来の方針を撤回した理由は、じつに単純である。「実際に8本単位で借りても、やってみたらうまくいった。採算も合う」(田中社長)。実際、札幌市内では、NTTの局舎に専用の装置を置かせてもらい、NTTの光回線を借りて、NTTの「フレッツ光」よりも速度が出る「ギガ得」という新サービスを展開して約40%のシェアを奪っている。

あれ?NTTから8本セットで借りても採算が合っちゃったんですね。
そして、2012年から一気にauひかりの全国展開を推し進めます。

 

シェアドアクセスについては下記の画像をご覧ください↓

※出典元:総務省・加入光ファイバに係る接続制度の在り方について

 

ここからややこしくなります。

8本セットで借りるとは、8本の光ファイバーを借りることではありません。

 

1本の光ファイバーはNTT局舎内で4分岐されます。

それをさらに8分岐して各家庭まで配線します。

4分岐×8分岐で

1本の光ファイバーは最大で32分岐できます。

 

NTT局内で分けられた、1本の光ファイバーの4分岐のうちの一つを借りるということです。

つまり、KDDIは32分岐のうちの8分岐をNTTから借りるということになります。

シェアドアクセス方式が遅くなる理由

1本の光ファイバーの最大速度は1.25Gbpsです。

1本の光ファイバーの最大分岐数は32分岐になります。

 

auひかりは32分岐のうちの8分岐をNTTから借りています。

 

例えば1つの光配線区画で、32世帯光ユーザーがいるとします。(1つの光配線区画では32世帯が限界)

32世帯同時にインターネットに接続した場合、

 

戸建て一件あたりの最大速度は39Mbpsになります。

 

つまり、NTTの光回線を流用している以上、auひかり以外のユーザーも多いので遅くなります。

8分岐のうちにauひかりユーザーが1世帯だけだったら、速度は向上します。

auひかり以外の光回線ユーザーが少なければ、さらに速度はあがります。

(※ちなみに集合住宅ではこの分岐をさらに各部屋で分配します。)

以上の理由でシェアドアクセス方式は遅くなります。

auひかりが遅い場合の解決方法

戸建てにおける光回線の速度は、理論上39Mbps以下にはなりにくいことが分かりました。

 

ストレスなくインターネットが出来る目安は20Mbps以下です。

auひかりの速度が39Mbps以下である場合は、プロバイダや無線LANルーターに原因があるかもしれません。

 

プロバイダ選びの目安はコチラでご覧ください↓

※関連記事:戸建ての光回線インターネットが遅い最大の理由

まとめ

さて、かなりマニアックな内容になりました。

auひかりが遅くなる最大の理由は、

「シェアドアクセスエリアで自宅周辺の光回線ユーザーが多い」ことです。

 

シェアドアクセスエリアかどうかの目安としては、

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県以外で、

2012年以降にエリア拡大された地域です。

 

ご近所さんがauひかりユーザーしかいないといった場合、最大8分岐している可能性がありますが、

残念ながら自宅周辺のauひかりユーザー数を確認する方法はありません。

 

しかし、光コラボよりは速度に期待ができそうです。

 

プロバイダや周辺機器を変えてもauひかりが遅いという方は、NURO光に乗り換えるのもありかもしれません。

(現状、NURO光が最速ですが使えるエリアが狭いんですよね。。)

 

あまり悩みすぎてもいけないので、今回のシェアドアクセスエリアや分岐数の話は参考程度にしていただければと思います。

これからの記事でもインターネット速度について深掘りしていきますのでお楽しみに!

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう!

おすすめの記事