マンションやアパートの光回線が遅くてお困りの方も多いと思います。

集合住宅の光回線は割安ですが、入居者でシェアして使うため、同じ建物内で光回線を使う人が多いほど遅くなります。

建物の設備上の問題は、基本的に解決できません。

でも、

設備上の問題を解決できるとしたらどうでしょうか?

今回は集合住宅のネット問題に終止符を打つべく、光回線を速くする究極の裏ワザをご紹介したいと思います。

(※ご紹介する方法はVDSL方式・LAN配線方式の建物で効果が期待できます)

それではいきましょう!

集合住宅の光回線を速くする究極の裏ワザ

結論から言います。

集合住宅の光回線を速くするには、

「マンションタイプからホームタイプに変更する」

大幅な速度の改善方法はこれしかありません。

比較的新しい集合住宅では、「光配線方式」が採用されているためインターネット速度には満足されている方も多いと思います。

光配線方式以外のマンションタイプでは光回線を同じ建物内でシェアして利用するため、利用する時間帯によってはひどく速度が低下します。

「VDSL方式・LAN配線方式」の設備では最大速度が100Mbpsなので、1ギガの光回線を契約しても100Mbps以上は出ません。

特に「VDSL方式」は日本で最も多く採用されている集合住宅用の設備です。(LAN配線方式は大型マンションなどに採用されています)

建物の外までは光回線ですが、建物の中は電話ケーブルでの配線になります。

光回線が電話回線に変換されていて、なおかつ入居者でシェアして使っていれば遅くなるのは当然ですね。

さて、ここからが本題です。

集合住宅で光回線のホームタイプを契約する方法をご紹介します。

集合住宅でホームタイプの光回線を契約する

集合住宅ではマンションタイプの光回線を使わなければいけない。

というわけではありません。

集合住宅でもホームタイプの光回線を契約することは可能です。

ホームタイプの光回線はマンションタイプとは違い、集合住宅内で光をシェアしないため快適な速度でインターネットができます。

光配線方式の集合住宅ではそのままでも快適にインターネットができますが、VDSL方式の建物は20Mbpsも出れば良い方だと思います。

VDSL方式のマンションタイプからホームタイプに変更すれば問題は解決しそうです。

しかし、集合住宅でホームタイプの光回線を契約するには条件があります。

光回線の工事許可が必要

賃貸住宅でホームタイプの光回線を使うには、建物所有者の「工事許可」が必要です。

工事といっても大掛かりなものではありません。

管理会社や大家さんから工事許可を取るために、ホームタイプの工事内容を知っておく必要があります。

ホームタイプの工事方法

戸建て用の光回線は、光ファイバーを電柱から室内へ、まるごと一本引き込みます。

光ファイバーの引き込みには、電話配管や室内のエアコンダクトなどを利用します。

電話の配管やエアコンダクトなどの入線経路がない場合は、1cm程度の穴あけ工事となります。

集合住宅に光ファイバーを引き込む場合、穴あけ工事は避けたいところですが、配管利用やエアコンダクト利用の他にも入線方法があります。

・換気扇の隙間を利用

・通気口の隙間を利用

・TV配線の穴を利用

・玄関ドアホンの穴を利用

・部屋の小窓を利用 など

小さな隙間さえあれば穴あけ工事はしなくても良さそうですね。

管理会社や大家さんに工事許可をもらう

工事内容が分かったところで、管理会社または大家さんに工事許可をもらいます。

工事には工事許可証明書などは必要ありません。

あくまで口頭で許可を取ればOKです。

 

管理会社または大家さんに

「今度、光ファイバーの配線作業をするので許可を頂きたいのですが」

と問い合わせしましょう。簡単に許可を取れると思います。

(建物の所有者である大家さんに直接許可を取るのが一番早いですが、ほとんどは管理会社経由になると思います。)

 

このときに穴あけ工事のことも聞いておきます。

「ごくまれに1cm程度の穴あけ工事になることもあるそうなんですが、その場合どうしたら良いですか?」

と聞くのがコツです。

「穴あけはダメです。」と言われたら、

「もし、工事当日に穴あけが必要だと言われたら工事はしませんので」と付け加えましょう。

穴あけ工事の許可は無理に取る必要はありません。

 

工事許可が取れたら、「管理会社の名前、電話番号、担当者の名前」を控えておくと良いです。

また、大家さんの連絡先が分かる場合は大家さんの名前と電話番号がわかればOKです。

(連絡先を控えておけば、穴あけ工事になった場合、工事業者から管理会社や大家さんに説明してくれる場合もあります。)

ネット経由で申し込む

さて、工事の許可が取れたらネット経由で申込みをします。

電話経由だと住所と建物名を言った時点でマンションタイプで登録され、工事日の手配まで進んでしまうためです。

知らない間にマンションタイプで工事を完了されたら後の祭りです。

ネット申込では必ずホームタイプを選択して、確認の電話がかかってくるのを待ちます。

工事前に確認の電話がくる

ネットで申込みをしたあとは必ず確認の電話がかかってきます。

その際にオペレーターから「申し込みされた住所ではマンションタイプが使えますよ」と言われるはずです。

そこで、光回線の速度を重視しているのでホームタイプで利用したいことを伝えましょう。

すると、「工事許可は取っていますか?」と聞かれます。

ここは事前に許可を取っているので大丈夫ですね。

穴あけ工事はNGでも問題なし

穴あけ工事の許可が取れなかった場合は「穴あけ工事はNGです」とはっきり伝えましょう。

こうすることにより、工事前に現地調査が入ることがあります。

現地調査をこちらからお願いするのもありです。

現地調査では穴あけ工事なしで光ファイバーを入線できるかどうかを調べてもらえます。

工事ができない場合は工事費は発生しない

光回線では工事が完了した時点で工事費が発生します。

穴あけができない場合や何かしらの入線トラブルがあって工事が出来なかった場合、契約は破棄されます。

工事の時点で穴あけが必要だと判断された場合は諦めるのが賢明ですが、事情を大家さんや管理会社に説明して許可が取れれば先に進める可能性もあります。

大家さんや管理会社と交渉が必要な場合は、穴あけは1cm程度ということ・防水処理が行われること・撤去時には穴は塞がれることをしっかりと説明しましょう。

退去時に光ファイバーの撤去が条件で工事許可を取った場合は、解約時に光ファイバーの撤去を申し入れることが必要です。

フレッツ光は柔軟に対応してくれることが多い

NTTでは、これまでに様々な光回線の工事を手配しているので、比較的難しい工事にも対応してくれることがあります。

受付オペレーターに、

「集合住宅に住んでいるが、インターネットの速度を重視しているために戸建てタイプを利用したい」

と伝えることが重要です。

速度的に言えばNURO光やauひかりがベストですが、エリア外にお住まいの方や光コラボの戸建てタイプの工事が出来なかった方はフレッツ光で申し込むのも一つの手です。

フレッツ光が開通したあとは光コラボに転用ができる

フレッツ光で開通させてから光コラボに転用し、スマホのセット割を適用させるということも可能です。

フレッツ光の開通工事費の残債は、転用先に引き継がれます。解約金はかかりません。

光コラボには、スマホとのセット割ができるドコモ光・ソフトバンク光があります。

また、auスマートバリューが適用されるSo-net光・BIGLOBE光・@nifty光もあります。

ただし、プロバイダの違約金はかかりますので、フレッツ光契約時には違約金のかからないプロバイダを選びたいところです。

違約金のかからないプロバイダは「plala・So-net・DTI・BBexcite・とくとくBB」です。

また、上記のプロバイダはドコモ光でそのまま使えます。

転用の事務手数料は2,000円のみですので気軽に転用できますね!

※補足

フレッツ光から光コラボへ転用する場合に工事は発生しませんが、NURO光やauひかりに乗り換える場合には再工事が発生します。

現在フレッツ光や光コラボを利用している世帯でNURO光やauひかりを使う場合は、光ファイバーが2本引きになります。

(フレッツ光の光ファイバーと、NURO光・auひかりの光ファイバーが違うため)

NURO光を集合住宅で使うには

NURO光にはマンションタイプが存在しますが、導入するハードルが高いです。

7階建て以下の建物にお住まいの方であれば、NURO光のホームタイプを利用できます。

NURO光は世界最速の光回線です。

インターネット速度を重視するなら、NURO光の導入が最善の策となるでしょう。

NURO光は穴あけ工事が発生する

NURO光の工事には、光キャビネットの取り付けが必要なので必ず外壁に穴あけやビス止めが発生します。

4mm程度の穴が3つ空きますので、穴あけ工事許可が必須になります。

許可を取る際は、4mm程度の穴あけが発生するが、防水処理をすることと退去時には穴を塞ぐことを伝えましょう。

お住まいの集合住宅の光回線が遅すぎて困っていることと、最先端の光回線を引くことを大家さんに伝えれば分かってくれるかもしれませんね。

auひかりを使うには

auひかりは、ホームタイプを2階までしか引くことができません。

3階以上にお住まいの方は、auひかりホームタイプの利用は不可です。

その場合はNURO光や光コラボ・フレッツ光のホームタイプを申込みましょう。

 

auひかりマンションタイプが導入されている建物で、ホームタイプを利用したい方もいると思います。

この場合はフレッツ光の工事同様、室内に光ファイバーを直接引き込みます。

電話の配管や、エアコンダクト・通気口を利用しての工事になります。

こちらの場合も2階までの対応になり、工事許可は必須です。

 

尚、工事費の支払いは一括か分割60回の2種類のみとなり、実質5年縛りです。

ホームタイプには2年契約や3年契約があり、解約料金が9,500円もしくは15,000円かかる場合があります。

また、auひかりホームタイプは解約する際に回線撤去費用が必ず28,800円かかります。

長期利用が大前提ですね。

開通してから利用中の光回線を解約する

戸建てタイプが開通する前に、利用中の光回線を解約してしまうと、万が一工事ができなかった場合ネットがなくなってしまいます。

工事ができなかった場合も考えて、現在のネットは一時的に残しておきます。

ホームタイプの工事が完了してから、現在利用している光回線を解約しましょう。

まとめ

さて、今回は集合住宅で戸建て用の光回線を導入する方法をご紹介しました。

マンションやアパートにお住まいでもホームタイプの導入は可能です。

特にお住まいの建物がVDSL方式でインターネットが遅すぎるという方は、試しにホームタイプの光回線を申し込んでみても良いかもしれません。

ホームタイプは毎月の料金がマンションタイプより高いですが、入居者でシェアしない分、回線速度に期待が持てます。

多少手間はかかりますが、工事が完了しなければ工事料金は発生しませんので、チャレンジしてみる価値はあると思います。

ホームタイプが開通すれば、遅すぎる光回線とはおさらばです。

必ず管理会社や大家さんに「工事許可」を取った上で申し込むようにしましょう!

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう!

【NURO光・公式サイト】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事