ドコモ光のキャンペーンサイトがありすぎて、どれを選んだら良いのか困っている人も多いと思います。

今、このページを見ている皆さんもそんな悩みを抱えているのではないでしょうか。

せっかく契約するならば、一番お得な窓口から加入したいところです。

ドコモ光には「ドコモ公式特典」と「プロバイダ特典」の2種類があり、それぞれの違いを知らないと2万円ほど損をしてしまうことがあります。

そこで今回はドコモ光に加入を検討している人に向けてキャンペーンを解説すると共に、一番お得な加入窓口を紹介していきたいと思います。

ドコモ光キャッシュバック増額中!

プロバイダ特典を確認しよう

ドコモ光のプロバイダは25社の中から選んで契約することができます。

キャンペーン内容を比較しないと損してしまうのがこの「プロバイダ特典」になります。

プロバイダ特典一覧

まずはプロバイダ特典を比較してみましょう。

また、通信品質も比べるために「みんそく」で公開されている全国平均の下り速度も明記しています。

プロバイダ名 キャッシュバック WiFiレンタル 下り平均速度
GMOとくとくBB 20,000円 162Mbps
Plala 15,000円 135Mbps
DTI 15,000円 139Mbps
So-net/受付終了 15,000円 115Mbps
@nifty 15,000円 108Mbps
BIGLOBE なし 94Mbps

GMOとくとくBBがキャッシュバック額・下り速度ともに一番となっています。

とくにこだわりがなければGMOとくとくBBを選ぶのが良さそうですね。

また、So-netは2019/6/30を持って受付を終了し、ドコモ光でのプロバイダサービスはPlalaに譲渡されるとのことです。

ドコモ光のプロバイダについて

ドコモ光のプロバイダには「タイプA」と「タイプB」があり、それぞれ月額料金が異なります。

タイプAは「5,200円/戸建て」「4,000円/マンション」

タイプBは「5,400円/戸建て」「4,200円/マンション」

通信品質に違いがあるわけではないので、特にこだわりがなければ「タイプA」を選びましょう。

GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくBBキャンペーン詳細

タイプAのプロバイダで、特典も速度もGMOとくとくBBが良さそうだということが分かりました。

次はキャンペーン内容を詳しく見てみましょう。

新規工事費0円

GMOとくとくBBではドコモ公式キャンペーンも併用可能です。

通常18,000円(戸建て)/15,000円(マンション)の工事費が新規申込に限り0円になります。

これから光回線を始める人は工事費無料特典があるときに加入するのが良いでしょう。

工事は基本的に平日の立ち会いとなります。

土日祝日に工事日を指定する場合は+3,000円かかりますので注意しましょう。

GMO公式サイト限定特典

GMO公式サイトからの申込で5,500円~20,000円キャッシュバックが受け取れます。

ドコモショップや家電量販店から申し込むとプロバイダ特典はもらえないので、お得に加入したい人は公式サイト経由での加入をおすすめします。

GMOとくとくBB公式サイトのキャンペーン内容は以下の通りです。

開催期間 特典金額 キャンペーン適用条件
契約体系 開通期限
2019年2月25日~

終了日未定

20,000円 1.ドコモ光2年契約プラン

2.ひかりTV for docomo(2年割)

3.DAZN for docomo

申込月を含む

5ヶ月以内に

開通すること

18,000円 1.ドコモ光2年契約プラン

2.ひかりTV for docomo(2年割)

15,000円 1.ドコモ光2年契約プラン

2.DAZN for docomo

5,500円 1.ドコモ光2年契約プランのみ

GMOとくとくBB公式サイト

ひかりTV for docomoについて

ひかりTV for docomoとはドコモの携帯を利用中の方限定で映画・テレビ・ドラマ・音楽の79チャンネルが月々2,500円(2年割適用時)で見放題になるサービスです。

地デジ(20都道府県限定)・BS・CS・専門チャンネル(79ch)を観ることができ、dtvやdtvチャンネルの作品も網羅した内容になっているので、TVや映画が好きな方にとっては嬉しい内容になっています。

TV・スマホ・タブレットを最大5台まで登録でき、同時視聴は2台まで可能です。

HuluやNetflixと比べても遜色のないサービスなのでテレビや映画をよく視聴する方は加入してみてはいかがでしょうか。

DAZN for docomoについて

DAZN for docomoとはスポーツ専門のテレビ配信サービスです。

通常月額1,750円の配信サービスですが、ドコモユーザーであれば月額980円で利用することができます。

民放では放送されないサッカー(国内・海外リーグ)や野球(国内・MLB)の試合も放映され、その他のスポーツも充実した内容になっています。

F1・NFL・ラグビー・テニス・バスケ・バレーなどファンなら見逃せない試合も観戦できますので、スポーツが趣味の人におすすめです。

最大6デバイスまで登録でき、2台まで同時視聴が可能です。

dポイントが最大10,000ptもらえる

ドコモ公式キャンペーンのdポイント還元になります。

新規申込と転用申込でもらえるポイントが変わります。

詳しくは以下の通りです。

開催期間 特典金額 適用条件
契約体系 開通期限 進呈期間
2019年

6月1日~

終了日未定

10,000ポイント

※期間/用途限定

ドコモ光

新規申込

2年契約プラン

申込月を含む

7ヶ月以内

開通月の

翌々月末

5,000ポイント

※期間/用途限定

ドコモ光

転用申込

2年契約プラン

進呈されたdポイントは、使える用途と期間が限定されていることに注意しましょう。

有効期限はポイント付与から6ヶ月以内となっています。

また、携帯料金の支払いやデータ量の追加、ポイント交換商品へは使うことができません。

dポイント特典の詳細はコチラからご覧ください。

高性能WiFiルーターレンタル無料

GMOとくとくBBではWiFiレンタルが無料です。

3種類のルーターから選ぶことができ、いずれも高性能なルーターになります。

特にバッファロー社のWXR-1750DHP2は定価が14,300円のハイスペック機です。

戸建てでも一台で十分にカバーできるルーターなので、無料でレンタルできるのは嬉しいですね。

速さにこだわったGMOとくとくBBならではのレンタルサービスと言えるでしょう。

セキュリティソフトが1年間無料

GMOとくとくBBでは月額料金500円のセキュリティソフトが1年間無料で使えます。

特にWindowsでインターネットにアクセスする際はセキュリティソフトは必須となりますので、ドコモ光が開通したらPCにインストールすることをお忘れなく。

1年目以降マカフィーを使うかどうかは任意となります。

自分でウイルスソフトを買う場合はマカフィーの解約が必要です。

ウィルスソフトは1台のPCにつき1つしか使えませんので、新しいウイルスソフトを使う場合は、前に使っていたものをアンインストールしてから入れるようにしましょう。

GMOとくとくBB公式サイト
キャッシュバック増額中!

ドコモ光のキャンペーンを比較してみよう

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめですが、他の加入窓口の特典も気になりますよね?

主な加入窓口は4つあり、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

加入窓口 メリット デメリット
プロバイダ公式サイト キャッシュバック額が大きい

高性能無線ルーターのレンタルが無料

プロバイダ特典・公式特典の両方とも貰える

申込が5分程度で完了

プロバイダを選ぶことができない

オペレーターの対応にスキルの差がある

ドコモ公式サイト スマホの料金も含めてシュミレーションができる ドコモ公式特典しかもらえない
ドコモショップ 専門スタッフが対応してくれる

好きなプロバイダを選ぶことができる

※待ち時間がとても長い

※オプションを付けられやすい

ショップによってキャンペーンに違いがある(5,000円程度)

家電量販店 家電製品の値引きが受けられる(10,000円程度)

値引き対象の指定プロバイダがある

※オプションを付けられやすい(家電値引きはオプションへの加入が大前提)

電器店によりキャンペーンに違いがある

ドコモショップや家電量販店では受付スタッフが常駐しているため、契約内容を詳しく聞くことができます。

一見すると良さそうですが、一番のデメリットは「オプションを付けられやすいこと」

契約後に説明された料金より高い請求がきた経験はありませんか?

契約から2~3ヶ月すると、ほとんどの人はオプションのことを忘れてしまいます。

解約し忘れていると数千円~数万円分の損をしてしまうことも。

また、待ち時間が長いとイライラしてしまい、早く契約を済まそうとスタッフの説明を聞き流してしまいがちです。

その反面、ネット経由での申し込みは5分もあれば完了します。

申し込んだあとにオペレーターからの折返し電話があるので、契約内容に間違いがないか確かめることもできます。

24時間いつでも申し込みができて、還元率が高いプロバイダ公式サイト経由での申し込みをおすすめします。

GMOとくとくBB公式サイト
キャッシュバック増額中!

まとめ

今回はドコモ光を検討している人に向けて、各キャンペーンについて解説してみましたがいかがでしたでしょうか?

ドコモ光のプロバイダは25社もあり、ひとつずつチェックしていくのは大変です。

また、ドコモショップや家電量販で行っているキャンペーンは店舗ごとに違うので、どこから申し込むのがお得なのか分からなくなってしまいます。

4つの加入窓口のメリット・デメリットと25社のプロバイダを比較してみると、プロバイダ公式サイト経由で申し込むのが良さそうでしたね。

プロバイダのなかでもGMOとくとくBBはインターネット速度ランキングでも1位でキャッシュバック額も十分です。

以上の理由からドコモ光は「GMOとくとくBB公式サイト」からの申し込みをおすすめします。

まずは料金シュミレーションからはじめよう

おすすめの記事